House to Home, Come On Ceremony 2016

|English|Korean|

20161204_ComeOnCeremony.JPG

20161204_ComeOnCeremony_Ceremony.jpg
20161204_ComeOnCeremony_Interview.jpg

家族になる家、カモンチャンチ House to Home: Come on Ceremony #Interview #Ceremony

<カモンチャンチ Come on Ceremony>は張される『家族』について考えた作品である。今も昔も『結婚式』という儀式(セレモニ)を通じて新しい家族が誕生する。儀式の形式は各地の統結婚式をはじめとし、社と文化の化によって新しい形式を取り入れながらしてきた。私は1920年代に朝鮮の州島から日本へと渡った祖父母の家族として生まれ育ち、2003年からで韓しながらな形態の結婚式に出席した。日本料理屋での『カモンチャンチ(家門セレモニ*州島で結婚の前日に新新婦の家に親族や知人が集まり行う祝いの宴)』、中華の宴で行われる在日式結婚式、韓統結婚式と日本の統結婚式、教会での結婚式に韓式ウェディングホルの食券文化など、形式と料理の形態は多彩である。

私はこの多な形式が新たな家族の誕生という同じ意味を持つということに興味を持ち、これまで経験した結婚式文化をベスに新しい儀式を作り、二度にわたるパフォマンスとして自らの結婚式をげた。新新婦をとりまく共同体が一同にして新しい儀式(セレモニ)を共に経験しながら家族となったのである。

2チャンネルのモニタで上映中の<カモンチャンチ Come on Ceremony >の背景は、植民地時代に朝鮮半島を支配した日本政府により土地区画整理されたソウル市城北洞に韓式で建てられたの都市韓家屋村である。城北洞はソウル市の中心部に位置しているが田のような情が行き交うご近所付き合いがる町で、映像の中に映りむ家具をご近所の地域住民に借りてくることができた。地域住民の家具で飾った家に、チジミとお好みき、マッコリと日本酒など、日韓の料理とヴィンテジの韓服の布で制作した新婦の衣装を準備して、州島の『カモンチャンチ(家門セレモニ)』と日本にわたり形をえた『カモンチャンチ(家門セレモニ)』を再解した宴を開いた