YUK Young-Hye (the chief editor), 'PHOTONET', Korea, Jan 2009

photo magazine 'PHOTONET', 2009 January, Korea

rendez-vous, P90-P97

text: YUK Young-Hye (Editor in Chief)

photonet0901-01.jpg

写真雑誌<月間PHOTONET>2009年1月号 rendez-vous P90-97photonet0901-02.jpg

 

金仁淑は『ウリハッキョ経験者がいる家族の姿』を写真と映像に納める作業を進めている。ここで『ウリハッキョ』(日本で在日同胞を対象として朝鮮語と朝鮮の文化を教える在日本朝鮮人総連合会の教育機関)と『在日同胞』と『家族写真』に含まれた意味を繋げ合わすと、彼女の仕事の意味と目的が理解できる。在日がウリハッキョに通うことは、韓国と北朝鮮をまたぐコリアンとしてのアイデンティティーを守ろうとする意志の反映であり、家族写真はこのようなアイデンティティーを視覚化するのに適した方法として選ばれたのである。金仁淑は在日同胞3世である。彼女は40世帯の在日同胞家族に出逢い、それぞれのアイデンティティーと後の世代へ伝えたいものに対する話を聞きながら家族ごとの特性をつかみ写真に収める。世代と世代の間、朝鮮半島と日本の間、その境界で朝鮮半島の伝統文化と意識が守り継がれてきたが、それが少しずつ姿を変えて消えゆく状況の中で『変わり行くもの(形式)』と『変わらないもの(文化)』の混在を表現しようとしたのである。一方、金仁淑が発見した混在は不の何かではなく守ろうとする意志を始めとする肯定的な混在である。多様な世代と多様な家族を対象としているが、まるで一家族の団欒や日常を込めたアルバムのように見える理由は、正しく社会の一般的な偏見に立ち向かおうとする作家の肯定的で暖かい視線にあるだろう。

 文:ユク・ヨンヘ編集長

 

rendez-vous 自分だけの作品世界を作り出していく韓国の若手写真作家のポートフォリオを紹介する紙面です。

 

photonet0901-03.jpg

photonet0901-04.jpg

photonet0901-05.jpg

photonet0901-06.jpg

photonet0901-07.jpg

photonet0901-08.jpg

 

exhibition information - click!

works -click!

text by CHIBA Shigeo - click! 

 

 

 

 

 

-- the source -- 

PHOTONET<월간 포토넷> (www.mphotonet.com)
Magazine F<매거진F>(www.magazinef.net)